TOP>事例

用途調査

相談者:機能性ゴムの開発を行っているファブレス企業

時期:2010年5月

相談内容:

上記企業の独自技術である機能性ゴムの新たな用途として有望なものはないか、という相談を受けました。

調査:

まず、考えられる用途を洗い出し、用途ごとに、市場の大きさ、競合、 自社商品の優位性、提携候補などを調査・評価しました。 その後、調査・評価の結果から最も有望な用途と、今後の方針案を報告しました

先行技術調査

相談者:リネンサプライ業を行っている企業

時期:2011年4月

相談内容:

自社で新規な装置を開発したが、その装置について特許が取れそうか否か調査してほしい、という相談を受けました。

調査:

その装置は多くの分野で利用されているので、あらゆる分野の出願状況を日本、韓国で調査し、その結果を報告しました。

鑑定(侵害調査)

相談者:工具類の製造・販売を行う企業
  
時期:2011年3月

相談内容:

他社から警告書が送られてきたため、自社商品が他社の特許権を侵害しているか否か鑑定してほしい、という相談を受けました。 (このときは、セカンドオピニオンとしての鑑定依頼でした)

鑑定:

まず、自社商品を分解して内部構造を確認すると同時に商品説明を読み込み、さらに、他社の特許権に係る特許請求の範囲や明細書を読み込みました。その後、双方を対比して、一致点、相違点を洗い出し、判例などを参酌しつつ侵害の有無を鑑定しました。